1.賃貸併用住宅体験記

大きい家電には注意!冷蔵庫とエアコンが引越で部屋に入らなかった

こんにちは!
初心者ママ大家ヨッシーです(*^^*)

私は、3階まである賃貸併用住宅を建てました。

敷地の面積がそんなに広くなかったこともあり、階段部分がちょっと狭くなってしまいました。

そのため、引っ越しの時に色々大変なことがありました。

反省も兼ねてお伝えしていきます!

引っ越し当日に入らなかった冷蔵の行方

賃貸併用住宅への引っ越し当日、引っ越し業者の方に荷物の搬入をお願いしていました。

手際よく、荷物を室内にいれてくれていました。

ところが、階段の途中で冷蔵庫がつっかえてしまい3階まで上がらなかったのです。

実は、冷蔵庫は入るかどうかを不安だったので、冷蔵庫の大きさと玄関の大きさを事前に確認していて入ると思っていたのです。

サイズ上は入るという計算だったのですが、カーブのところと一時的に天井にぶつかってしまうところがあり、残念ながら入りませんでした。

もしも、どうしてもいれたい場合は、クレーンでつって大きな窓から入れるという選択肢もあったのですが、ベランダがいので受け止めきれないことと、密集地で電線が下がっているためクレーン車を入れることが難しいということがあり、断念しました。

費用的にも、クレーン車などをお願いすると数万円~かかってしまいます。

冷蔵庫はそのまま処分をすることに。

購入してからまだ3年ほどだったのでショックでしたが、仕方ありません。

その後、もう少しサイズの小さいものを家電量販店で購入しました。

その頃よりも家族は増えましたが、小さいサイズにしたもので充分足りています。

引っ越しの際に、入らなかった冷蔵庫は引っ越し業者の方に引き取ってもらいました。

リサイクルとして、どこかで役立っていることを願うばかりです。

引っ越し後に入らなかったのは、エアコンでした

引っ越ししてから、注文していたエアコンも届きました。

同じ大きさのものを2台頼んだのですが、残念ながら1台は取付をしようと思っていたところに収まりきらなかったのです。

仕方ないので、サイズが合わなかった方は返品して取付られるサイズのものに交換することにしました。

少し小さめのものになりましたが、こちらも特に問題なく使えています♪

賃貸併用住宅だからではない?!

大きな家電が入らなかったのは、賃貸併用住宅だからというよりもともとの敷地があまり広くなかったことと、3階にリビングを作ったことも影響していると思います(*^^*)

なので、賃貸併用住宅だから大きな家電が入らなかったというわけではありません♪

結果的に、代わりのものはすぐに見つかりましたし、家族4人で問題なく生活ができています♪

まとめ

賃貸併用住宅だからというよりも、戸建ての三階に大きな家電を入れるのは割と大変!

天井の高さを含めて、サイズをよく確認することで、引っ越し当日に慌てることは減ります♪

今日もお読みくださりありがとうございました(*^^*)
ヨッシーでした(^^♪