1.賃貸併用住宅の説明

賃貸併用住宅で家賃の悩みを解決!?

こんにちは!

初心者ママ大家ヨッシーです(*^^*)

皆さんは、家計を節約する時にどんなことを考えますか?
食費を減らしたり、好きなことをやめる等いろんな方法がありますね。

でも、日々の疲れを取ってくれる食事や生きる楽しみである趣味をやめることで「人生がつまらなくなる」ということもあり得ますよね。

また、食費を減らし、体調を崩しては本末転倒です。

生きていく上で、健康で楽しみを持つことはとても重要なことです。

また、食費や趣味を減らしても意外に節約できるのはほんの少しだったりしませんか。

その時に、固定費の中でも特に大きな割合をしめる家賃を浮かせることができたら生活が変わりませんか?

ファミリータイプだと、月に10万円以上かかることも稀ではありません。

その分を浮かせることができたら趣味や食事、毎日の生活も楽しめますよね。

家賃を浮かせるにはどうしたらいいの?!

家賃を浮かせる(安く済ませる)方法も色々ありますね。

例えば、社宅に住む、実家を頼る、不便でも家賃が安いところに住む。等・・・。

しかし、問題点もあります。

【1.社宅】
そもそも社宅がない会社も多いですし、あっても古くて住みにくかったり、同じ会社の人と隣同士で家庭の様子を知られるのが嫌だったり、掃除等で土日がつぶれてしまったりすることもあります。

【2.実家を頼る】
どちらかの実家が広くて一緒に住めれば良いですが、会社からの距離や、どちらかは義両親と同居となり気を使いながら生活することからストレスが溜まってしまうことに繋がる可能性もあります。もちろん、関係が良好でお互いに臨んでおり、通勤などにも不便がなければ問題ないですが、家賃を浮かせるためだけに一緒に住むのは意外に難しそうです。

【3.不便だけど家賃が安い部屋に住む】
通勤や通学に不便でも家賃をできるだけ下げた部屋に住むこともできますね。地域にもよりますが、基本的に駅から遠くなると家賃は下がる傾向にあります。通勤に電車を利用している場合、駅から遠いと別の交通手段が必要となったり、徒歩の時間が増えたりして会社にいくだけで疲れて仕事に集中できなかったり、残業や飲み会で遅くなったりした時、タクシーで帰ることになって余計な費用がかかることもあり得ます。

【4.古いけど家賃が安い部屋に住む】
古い賃貸物件だと、不便な設備のままだったり、あまり綺麗ではなかったりして家族で住むには向いてない可能性もあります。

じゃあ、一体どうしたら家賃という大きな固定費を浮かせることができるの?!って思いますよね。

その方法は賃貸併用住宅を建てることです!

賃貸併用住宅って何!?

賃貸併用住宅って何?!初めて聞いた!という方もいると思います。

賃貸併用住宅とは、ずばり賃貸部分と自宅部分が一緒になった戸建てのアパートのようなものです。

住宅街を歩いていると、一見普通の戸建てのようなのに、玄関がいくつかある建物を見たことがあると思います。

近所を散歩した時に、一見普通の戸建てのようなのに、玄関がいくつかある建物をみたことがありませんか。

要は一つの戸建てを賃貸部分と、自宅部分に分けてオーナーとして賃貸することで家賃収入を得てその家賃収入で、ローンを返済していく。

つまり、住宅ローンを入居者様が支払ってくれて、返済を上手くすれば家賃が浮き、最後は一般の自宅購入よりも安く自宅という資産を手に入れることができるというわけです。

また、賃貸併用住宅最大のメリットは住宅ローンを組むことができるので、金利がとても安くなることだと思います。

もちろん、その他にもメリットやデメリット、また普通の自宅ではなくオーナーとしての考え方や対応が求められたりするので、知識を得る必要もあります。

加えて、返済費用が家賃収入を上回れば、自分の給料から支払わなければなりません。

ただし、きちんと計算して建ててれば持ち出しがあったとしても、賃貸に住むより安くすることができます。

賃貸併用住宅なら家賃が0円も可能!?

今の世の中、「普通に一生働く」ということに対して不安を抱ている方も多くいらっしゃると思います。

その中で、働いてお金をもらう以外にも、何か違う方法で収入を得たいと考えた人もいると思います。

すぐに違う方法で収入を得るのはなかなか難しいかもしれませんが、家賃という大きな固定費を浮かすことで、収入が減った場合や、現状維持のままでも余裕のある生活が送れるとしたらどうですか?

皆さんは家賃をどういう風に決めていますか?

どこにお金をかけるかは、人それぞれ考え方や家族構成で違うと思いますが、だいたい家賃は収入の2~3割が目安と言われています。

ただ固定費で収入の3割近くを占めるとなると結構大きくて躊躇される人も居るでしょう。
では、もしこの家賃を浮かせる方法があるとしたらどうですか?

今払っている家賃を払わずに(もしくは今より安いお金で)戸建てのマイホームに
住むことができるとしたら?

そしたら、収入は今のままでも少し生活に余裕が生まれませんか?

急に給料を上げるというのは、難しいと思いますが、固定費を下げるということについては
マイナスな面はないのかなと思います。

当時共働きしているヨッシーも、まさにそういう状況でした。

賃貸併用住宅で経済的だけでなく精神的にも豊かになれるこんにちは! 初心者ママ大家ヨッシーです(*^^*) 賃貸併用住宅に住むことで、浮かせることができるのは家賃だけではありませ...

賃貸併用住宅のまとめ

賃貸併用住宅のまとめたポイントはこんな感じとなります。

賃貸併用住宅とは
・自宅部分に賃貸部分を+した建物
・家賃という大きな固定費を浮かせることができる
・今のままの収入でも生活に少し余裕が生まれる事ができる不動産投資です

すでにこのブログを見て下さっている方は、賃貸併用住宅や、不動産投資についてご存じの方も多いと思います。

一つずつ詳しく載せていきますので、メリットデメリット等よく理解したうえで、進めてほしいと思います!

今日もご覧くださりありがとうございます!

ヨッシーでした。