1.賃貸併用住宅体験記

施主支給で、自分で好みのものを購入してお金の節約になる!

こんにちは!
初心者ママ大家 ヨッシーです(*^^*)
本日も見て下さりありがとうございます。

皆さんは、施主支給という言葉を知っていますか?

聞いたことがあるなぁ~というぐらいの方も多いと思います。

施主支給とは施主が支給すること。

つまり、家を建てる際に必要な物を施主自身が手配や準備をすることです。

「大変そう」「なんでわざわざ自分で準備するの?」と思う方もいると思います。

自分で準備することのメリット、注意点、実際に私が施主支給したものを紹介します。

施主支給で、節約してより素敵なお家にしちゃいましょう!

施主支給して、自分の理想のインテリアに近づけよう!

施主支給の一番のメリットは、まず自分好みのインテリアにより近づけるようになるということだと思います。

家を建てる時には、ハウスメーカーや建築会社にお願いすることがほとんどですよね。

多くの建築会社やハウスメーカーには取引先が決まっていて、家を建てる際に必要な物はその取引先のものを使います。

そのため、建具ならここの中から選んでください、壁紙はこのサンプルの中から等といった限られた種類から選ばなくてはいけません。

でも、もしもその中に気に入るものがなかったらどうしますか?

家は一生に一度の大切な買い物です。できる限り気に入った物で仕上げたいですよね?

そこで!!施主支給という方法があります。

施主支給では、自分で一から好みのものを探すことができます。

限られた中ではなくて、多くの商品の中から理想のインテリアに近づけることができるのです。

メリットはほかにもあります。

それは、施主支給をすることで節約にもなることです。

だいたいの建築会社は、取引先の定価価格や少しの割引価格で私達に販売していることが多いです。

しかし今では、ネットやホームセンターで格安で同じものが販売されていたりすることもあり、自分で購入した方が安くすむ場合があります。

また、家の建築が終わってしまった後に、別の業者さんに取付をお願いすると人件費+工事費が必要になるものもあります。

家の建築中で、内装をやってもらっている時に施主支給品をお願いすれば、別料金がかかることなく取り付けてもらえることがほとんどです。

施主支給する場合に気を付けること

もちろん自分で取付がしたい場合はスペースだけ空けておいてもらえれば良いのです。

しかし、サイズ・取付方法の確認はしっかり行いましょう。

自分で買ったけどサイズが合わなかったり、間違えたりするのはよく聞く話ですね。

また、取付に専門の工具が必要となるとあまり使わないものを購入しなくてはならないという可能性も出てきてしまいます。

費用を節約したいがためにすべてのものをネットで注文ということは、建築会社との人間関係もあるし、自分が受け取るのも大変で、手間取ってしまうと工期が延びてしまうこともあるためおすすめできません。

トラブルを避けるためにも、施主支給のものについてはサイズ確認を含めて施工会社の方と相談が必要ということになります。

図面などを作っている時に、前もって施主支給について相談しておくとスムーズだと思いますよ。

ヨッシーが施主支給したもの

私が施主支給した商品となぜ施主支給にしたのかという理由を参考までに書いておきますね。

照明器具

施主支給される方がダントツで多いのではないでしょうか?

照明器具とは、いわゆる日々使っているリビングや居室の電気のことですね。

照明器具一つで、部屋の過ごし方が大きく変わると思います。

そしてたくさんの種類があるので、選ぶのも楽しいですし、万が一失敗したとしても自分で取り換えることもできちゃいます。

基本的には家電量販店やネットで購入した方が安いと思いますし、建築会社も自分で購入することを進めてくる場合が多いと思います。

私は、センスに自信がなくて無難なものを選びましたが、もっと遊び心をもって選んでも良かったような気がしています。

エアコン

エアコンも、施主支給が多さ1位と2位を争うのではないでしょうか?

事前に、取付部分のサイズと何畳サイズのものを購入したら良いのか確認しておきましょう。

実は私はサイズを間違えてしまいまして、電気工事店の方に持ち帰ってもらってしまいました。

これも、家電量販店等で購入した方が安く購入できると思いますし、エアコンの性能もメーカーによって、たくさんあるため好みのものを選ぶのには施主支給をおすすめします。

アコーディオンカーテン

本当は引き戸にしたかったのですが、スペースがなく収納部屋はアコーディオンカーテンにすることになりました。

布タイプのアコーディオンカーテンだと、隙間が気になるため、板タイプにしました。

ネットで気に入ったものがあり、オーダーで作ってくれるのでサイズをしっかり確認して注文しました。

自分でできないこともないのですが、施工会社が取付をやってくれたので、助かりました。

wi-fi設置棚

Wi-Fiは仕事やプライベートで使うため、私の家では欠かせないものになっています。

また、賃貸併用住宅である我が家では入居者さんにもWi-Fiを提供しようと思って安定して置ける場所を用意する必要がありました。

そのため、Wi-Fiを設置する棚を購入しました。

無印良品でちょうど良いサイズが見つかったため、購入し建築会社に取付をお願いしました。

wi-fiルーター

wi-fiルーターの注文を受けてくれる建築会社さんは、少ないかと思います。

私達も、自分で調達するものだと最初から考えていたので、インターネット回線会社を探しながら効率よく建物内に電波を飛ばせる機器を設置することにしました。

自分で調べたり、家電量販店で詳しい方におすすめの機器を聞いて購入することにしました。

Wi-Fiについては別途で書きますね(*^^*)

郵便ポスト

郵便ポストも、色んなデザインのものがあったので自分で選びたいと考えて、自宅のポストはネットで探しました。

本当にたくさん種類があるので選んでいて楽しかったですよ(*^^*)

ポストによって外観の印象は大きく変わると思います。

現在の状況を考えると、鍵付きのポストや宅配ボックスも防犯的にも良いですよね。

ちなみに賃貸部分のポストは、建築会社さんにお願いしました。

館銘板

館銘板は、自分の建物の印象を決める大切なものです。

ネットやホームセンター等で注文をすると作成してくれます。

デザイン、色合い、形、大きさなど本当に好みのものにできるので施主支給をおすすめします!

新築物件の引渡し前に館銘板を作っておこう!

こんな感じで施主支給したものも、たくさんありました。

引き渡し予定の5カ月前には、何を施主支給するかについては決まっていました。

図面があればだいたいのサイズもわかりますし、わからなければ現場の責任者に聞いて、施主側から希望があればどんどん伝えていくと良いと思いますよ!

まとめ

施主支給のメリットは、費用の節約と自分の理想の商品を見つけられること。

サイズ等はよく確認する必要があるため、事前に建築会社の方としっかり連携をとっておくことが大切です。

自分で注文や手配をするのは大変だったり、忙しい方は建築会社にお任せするのももちろんOKです!

今日もお読みくださりありがとうございました!

ヨッシーでした(^^♪