1.賃貸併用住宅体験記

賃貸併用住宅ならではの悩み!自宅は1Fにするべきか

こんにちは!
初心者ママ大家 ヨッシーです(*^^*)

賃貸併用住宅を建てるにあたり、自宅部分をどこに作るかということについて悩みました。

3階建てということは決まっていて、その中の半分を自宅、半分を賃貸部分にしようということで話を進めていてどの部分に自宅を作るのかということについて考える人も多いと思います。

ただ、賃貸併用住宅を作ろうとした段階では上の半分を自宅にしようということで考えながらメリットやデメリットなどについても調べていました。

今回は、自宅部分をどこに作るべきかということを考えていきたいと思います。

自宅部分をどこにするかは重要である!

自宅部分をどこにするかで、変わってくるのは大きく2つだと思います。

1つは音のこと、もう1つは高齢になった時の階段問題です。

音の問題

隣の人の音は壁を厚くすることでの対応で防ぐことができると思うのですが、上下階の音も意外に響きやすくなかなか防ぐことが難しい可能性もあります。

戸建てに住みたいという方は、音のトラブルが気になって・・・という人もいると思います。

上からの音が気になるなぁと思う人は、自宅部分を上にした方が良いでしょう。

逆に周りからの音があまり気にならないという場合は、自宅部分を下にして賃貸部分が上にした方が防犯面で2階以上を探している人からのニーズにもこたえることができるので客付けをする時には良いと思います。

ただ、音が気になるけど上の部分を賃貸人に譲りたいという人は、我慢することでストレスになっても良くないですし、大家が一番長く住むことになると思うので、賃貸需要のある地域なら1階の賃貸でも客付けは可能ですので、自宅部分を上にすることをオススメします。

自分が高齢になった時の階段問題について

普通の戸建てでもそうですが、賃貸併用住宅の場合だと3階建て以上が多いと思います。

戸数を取らないとどうしても収支がまわらなかったりするので仕方ないですね。

そこで、自宅部分を上にしてしまうとどうしても3階が生活スペースになることもあります。

高齢になり階段がきつくなったり、体が不自由になったりした場合にはちょっと大変と感じられることがあると思います。

そういったところが心配の方もいると思います。

そのことだけが気になるのであれば賃貸部分を上にすることで解決しますし、気になるけど上の部分に自宅部分を作りたいという人は、そうなった時に、自宅部分を貸し出すということもできます。

住宅ローンを組むにはその住宅に住んでいることが重要となってきますが、事前に銀行に話をしに行って理解してもらうことができれば引っ越すことは可能ですので、ぼんやりと考えておきながらその時になって対応するという形で良いと思います。

まとめ

賃貸併用住宅の中で、賃貸部分をどこに作るのかは重要である。

音や階段について、メリット・デメリットを考えて行うのが良い。

また、ヨッシー家は自宅部分を上にしたが住んでみて実際にどうだったのかについては、こちらの記事をお読みください!

賃貸併用住宅で自宅部分を上の階にして住んでみたらとっても良かった!こんにちは! 初心者ママ大家 ヨッシーです(*^^*) 前回の記事でもお伝えしましたが、賃貸併用住宅の場合自宅部分をどこにするか...

今日もお読みくださりありがとうございました。

ヨッシーでした!